【毛穴トラブルなんて怖くない】毛穴ブラシのおススメ

【毛穴トラブルなんて怖くない】毛穴ブラシのおススメ

毛穴を綺麗に洗浄して黒ずみの無いお肌へと導く手助けをするのが、毛穴ブラシです。

自分の肌や毛穴の問題に合った毛穴ブラシを使うことで、10代の女性にはニキビの予防に、20代以降の方には化粧のりの改善や、皮脂やテカリ防止といった効果が期待できます。

では、数ある毛穴ブラシの中から自分に合うものをどのように見つければ良いのか、実際に商品を挙げながら見ていきましょう。



自分に合った毛穴ブラシの選び方

毛穴の広がりや詰まり・黒ずみや皮脂を取り除き、クリアな肌へ導いてくれる毛穴ブラシ

年齢を問わず気になるのが毛穴に関する肌トラブル。

自分のお肌を観察し、どの毛穴問題が一番当てはまるか見ていきましょう。

そうすれば、あなたにぴったりの毛穴ブラシが見つかるはずです。

・毛穴の広がりが気になる方には、初心者向けの柔らかブラシのタイプを

毛穴の広がりは、毛穴の奥の汚れを取り除こうと、ゴシゴシと強くお肌を洗ってしまうことが原因で起こります。

確かにお肌を強く洗うとさっぱりとした洗い心地を体感できます。

しかし、それはお肌を傷つけているだけで、毛穴の奥までしっかり洗えてはいないのです。

この洗顔方法は男女問わず、やってしまいがちなので、ゴシゴシと力を入れての洗顔はやめましょう。

「ではどのように毛穴を洗えばいいのか」と思っている方には、初心者向けのブラシがタイプの毛穴ブラシをおススメします。

「本当に洗えているのか心配」と思うほどの力加減で、お肌の上にブラシを滑らせることで、柔らかいブラシが毛穴の奥の汚れを優しく取り除いてくれるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Grinif(グリニフ) 美楽毛穴ブラシ
価格:1923円(税込、送料別) (2019/8/5時点)

 

・毛穴の詰まりが気になる方には、電動タイプの毛穴ブラシがおススメ

毛穴の詰まりは、毛穴から分泌される皮脂や毛穴の奥に入り込んだファンデーションが原因で発生します。

毛穴の奥に入り込んだ皮脂やファンデーションが、洗顔で綺麗に洗い落とすことが出来ず、毛穴を塞いでしまうことで、ニキビの大きな原因ともされているため、毛穴の奥から詰まりを掻き出すことが重要です。

そこで活躍するのが電動式の毛穴ブラシ

くるくる回転するブラシや超音波を発生させるタイプ、温感式で毛穴を十分に開かせてから詰まりを取り除くタイプと様々です。

ブラシも筆タイプとシリコンタイプがあり、種類も豊富になってきます。

電動式だとお値段がかかるものも多いため、選ぶ際は実際に手に取り、いくつか試してみて決める必要があるでしょう。

・毛穴の黒ずみが気になる方には極細タイプの毛穴ブラシ

頬や小鼻に出来やすい毛穴の黒ずみ

洗顔で洗い落とせなかった埃や小さなごみが毛穴に蓄積して酸化し、黒くなったものです。

小鼻に出来た黒ずみは通称「ブラックヘッド」と言われており、放っておくと更に黒ずみが濃くなり、ファンデーションを塗っていても黒ずみが目立ってきます。

この黒ずみを洗顔料だけで落とすことは、かなり難しいと言われています。

そこで活躍するのは、密度の濃い極細タイプの毛穴ブラシです。

優しくお肌の上を滑らせると、極細なブラシが毛穴の奥まで入り込むので、だんだんと黒ずみが薄くなっていきます。

黒ずみがかなり目立つ方には電動タイプを、そうでない方は手動タイプの毛穴ブラシを選ぶと効果があるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 GrinIf 美楽毛穴ブラシ
価格:2345円(税込、送料無料) (2019/8/5時点)

 

 

・毛穴の問題を全て解決したい方には、多機能付き電動タイプの毛穴ブラシ

毛穴の開き・黒ずみ・皮脂・汚れ・ニキビ等、全ての毛穴の問題を何とか解決したい方には、様々な機能が付いた電動タイプの毛穴ブラシがおススメです。

今まで挙げてきた毛穴ブラシを、用途に合わせて1本1本揃えていたら、時間もお金もかかってしまいます。

多機能付き電動ブラシならば毛穴洗浄はもちろん、温感・タッピング・超音波・毛穴引き締め・EMSなど、様々な機能が1台に集約されています。

用途に合わせてヘッドを変えて使用していくため、少し手間がかかるものもありますが、それだけ毛穴の問題に多方面からアプローチできるということが魅力的です。

こちらも値段が高価なものが多いため、実際に自分で手にとって選ぶことをおススメします。

 

 

【毛穴トラブルなんて怖くない】毛穴ブラシのおススメ・まとめ

いかがでしたでしょうか?

いずれの毛穴ブラシにも共通することが「ブラシが柔らかい」という点でした。

洗顔料とブラシのセットや電動ブラシといった、値段がそこそこする商品や、ダイソーなどで販売されているお手頃な商品まで様々です。

まずは初心者向けの商品から試してみてみるのもアリでしょう。

色々な商品を手にとって、自分にぴったりの毛穴ブラシに出会えることを心から願っています。