今の時期に多い、夏バテ解消の食べもの特集

今の時期に多い、夏バテ解消の食べもの特集

雨が降ったり、やんだりもすれば、暑かったり、少し寒いと少し温度調節が難しい時期です。

ですが、この梅雨が終わってからが、究極の夏の始まりです。

そこで、今回は究極の夏に入る前に夏バテ解消の食べ物についての特集を紹介したいと思います。



●夏バテに足りないのは?

タンパク質…主に、体をつくり、エネルギーになると言われますが、他にも、酵素、ホルモンとして生理機能の調節をする栄養素とも言われています。

ビタミンB1…(チアミン)糖質代謝の酵素の補酵素となります。神経機能の維持に必用とされます。

ビタミンB2…(リボフラピン)「発育ビタミン」とも言われ、生体内の各種代謝系の酵素の補酵素となります。

ミネラル…ビタミンBと同じく代謝を助ける役割をします。

ビタミンC(アスコルピン酸)疲労回復、コラーゲンの生存と保持をします。

上の栄養をたっぷり補給し、夏バテ防止につなげていきましょう。

●夏バテ防止の食べ物

続いては、上の栄養が含まれた食べ物の紹介です。

レバー…レバーはビタミンB以外でも、鉄、ミネラル豊富の高い栄養を持つ一つとも言われる食材、料理の材料というよりも、焼き鳥などにして食べる事が多いです。

ゴーヤビタミンCとBが沢山含まれいて美容と疲労どちらにも効果ありの食べ物です。そのまま食べるには少し無理がありますが、カレーなどの少し苦みなどに入れるのもOKです。

山芋…ネバネバ感の中に、タンパク質を吸収しやすく、胃腸にもやさしいといわれています。

梅干しクエン酸を多く含み、食欲増進の整腸作用の効果もあると言われ、夏バテ防止の食べ物の中では、防腐効果は一番の食べ物です。登山などに行かれる方にも人気の食べ物。

その他にも、ウナギレモンカツオなども、栄養豊富とも言われています。



●夏バテ防止、栄養満点レシピの紹介

最後は、上の栄養素がたっぷり入ったレシピの紹介です。

お父さんの誕生日などにオススメの料理です。

※ネバネバが最高、ゴハンが進むドンブリ

材料…ゴハン(炊き立て)オクラ(小口切り)、マグロ漬け(角切り)、トロロ(すりおろしておく)、沢庵、シラス(適量)、長ねぎ(みじん切り)、納豆(1パック)

作り方

  1. 真っ白のゴハンを炊く
  2. 納豆1パックに長ネギ、シラスを入れて、からし、醤油、さとうを入れ混ぜる。
  3. ゴハンが炊き上がったららゴハンを丼にのせて、②の材料をゴハンにかける。
  4. 残りの、オクラ、マグロ、トロロ、沢庵、をのせる。
  5. 出来上がり。

家で海鮮丼もいいですが、海鮮となると材料揃えるのも結構大変ですし、費用も結構かかります、でもこれなら簡単に作れます。

※上の材料以外にも、アボカド梅干しイカネギトロなどを入れても美味しいです。

※マグロ漬けにするんですが、最高30分です、漬けすぎると、マグロの旨味と鮮度が落ちます。

●夏バテ解消の食べもの特集・まとめ

いかがでしたか、夏バテ解消食べ物特集、この他にも、夏バテ防止の方法というと、暑い日だから熱い食べ物で夏バテを吹っ飛ばす方法もあります。

例えば、キムチチャーハンカレーうどん、キャンプなどではバーベキューなんていう方法もあります。

皆さんも暑さになんて負けないように、夏バテ防止の食べ物を食べて、元気に夏を過ごしてください。