お風呂掃除の新習慣!!お風呂の水切り掃除で楽しくカビ予防

お風呂掃除の新習慣!!お風呂の水切り掃除で楽しくカビ予防

新築のころから習慣づけたいお風呂掃除

新築のころはきれいなお風呂を目指そう、と頑張っていたのに、いつの間にかお風呂にはカビが生えているなんてことありませんか?

新築時に施工していたお風呂の防カビコーティングは、年数がたつとともに徐々に効果が薄れてきます。

効果がなくなってくると、気が付けばいろいろな箇所にピンクの水垢ぬめりや真っ黒いカビが…

少しでもきれいなお風呂を保ちたい、と思っている人にぜひおすすめしたいお掃除方法があります。

それは水切り

お風呂に入ったあと、浴槽内や壁の水滴をそのままにしているとジメジメと水垢ぬめりやカビの原因になります。

カビを生やさないようにするには、やはり水気をできるだけ取ってカラっとさせることが必要です。

そのために毎回水切りをしておくとカビや水垢ぬめりの発生を抑えることができます。



 

水切りの仕方や水切りに最適な道具は?

水切りのやり方はとても簡単です。

石鹸などをしっかりとシャワーで洗い流しスクィージ(スキージとも)と呼ばれる水切り用の道具を使って、水を上から下へと切っていくのです。

鏡だけでなく壁やドアなどもしっかりと水切りをしましょう。

水をしっかり切った後はタオルなどでパッキンの付近にたまっている水滴もふき取っておくとなお効果的です。

スクィージは手になじむものであれば市販のどんなものでも構いません。

使いやすいもの、自分に合ったものを探してみましょう。

人気のスクィージはスポンジと水切りが一体化したものや、水切りも持ち手もすべて同じ素材でできているもの、水切りの部分がシリコンやゴムでできているもの、などです。

ホームセンターや、雑貨店、100均ショップなどに売っています。

人気のカラーは清潔感のあるホワイトや、柔らかなライトグレーです。

お気に入りのスクィージを買っておくと毎日楽しい気分でお掃除できますね。                           



水切りを楽しい習慣にしよう

水切りは冬でも夏でもこまめに行った方がいい掃除方法です。

お風呂上りに毎日行うとなると、時にはやりたくない日も出てきます。

まずは習慣にすることからが大切です。

今日は疲れているな、とか、今日は忙しくて少しでも早く終わりたい、という日は最低でも「鏡だけは終わらせようなど自分のなかで基準を決めておくと少し気持ちが楽になります。

また、水切りを行うときにエクササイズ気分でしっかり腕を伸ばしてあげてやるのもおすすめです。

日常生活で腕を肩より上げるということはだんだん機会が減ってくるものです。

しっかりと腕を伸ばして楽しく水切りをすることがストレッチや軽い運動にもなります。

お風呂掃除【水切り】のススメ まとめ

このように、お風呂の水切りは清潔に保つだけでなく、楽しく習慣化することで日ごろ動かさない腕を動かしたり、新しい発見もあるかもしれません。

好きな道具を使ったり、効率的に行う方法を考えたりしながら楽しくお風呂掃除できるようになるといいですね。