つらい肩こりの対処法~身体の症状に合わせた簡単にできるケアとマッサージ~

つらい肩こりの対処法~身体の症状に合わせた簡単にできるケアとマッサー2ジ

特に肩こりに悩む人は多いとおもいます。

でもマッサージに通う時間がない…そんな人は、自分で肩こり解消できるケアを覚えておくことをおススメ。

今回は、身体の症状に合わせた簡単にできるケアとマッサージについてまとめます。



肩のコリが気になる人

普段から体調を整え、血行をよくしておくと肩こりの予防になります。

しかし、加齢や日ごろの仕事や家事で、現代人はとても筋肉が疲れています

肩や首のこりに悩む人は多いのではないでしょうか?

ここでは肩こりに悩む人へのアドバイスをしていきます。

 首から肩がこる人

ストレスなどの影響で、筋肉が緊張して起こる肩こりというものがあります。

そのような肩こりには、マッサージを行うことが効果的。

首のうしろ側、中央のくぼみの左右にある風知(ふうち)」というツボを刺激しましょう。

 ツボを刺激するときには、あまり強く押さないで、少し痛いくらいかな?でもきもちがいいかも!と思うくらいの強さで十分です。

ツボに限らず、首や肩の付近をやさしくマッサージすることでも、周囲の数多くのツボが刺激されて血行がよくなります。



首・肩こり予防!血行をよくする食品

肩こりは、血行不良によっておこることが多い傾向があります。

血行を促進する食材で、症状を改善しましょう。

冷え性の人は、冷たいものを避けて温かい食べ物や、常温の飲み物などを飲むように工夫するとよいです。

食品1:しょうが

身体をあたため、発汗作用があり、胃腸の調子を整えてくれるます。

チューブに入ったものであれば、どんな料理にも簡単にトッピングすることができ便利です。

 食品2:緑茶

あたたかい飲み物はとても身体に優しいのですが、漢方医学では緑茶がおススメです。

頭のほうまで凝るような感じがする場合、緑茶は頭に上った熱を抑えてくれる効果があります。

また、緑茶はストレスを発散させてくれる効果もありますよ。

 

食品3:冬にとれる野菜

体を冷やす食べ物は夏野菜、温めるものは冬野菜に多いです。

大根、さつまいも、山芋など、さまざまな食品に効果があります。

ブロッコリーやカボチャには、血行をよくするビタミンEも含まれています。

また、食事だけではなく運動や入浴で血行をよくすることも大切

運動習慣をつけることは代謝も向上させ、さらに血行がよくなります。

また、入浴では、シャワーだけで済まさずに5分~10分程度はゆっくり入浴するようにしましょう。

日ごろのケアで肩こりを改善しよう

肩こりに悩む人はとても多く、なかなか改善できずに困っていることと思います。

シップは肌が荒れるし、痛み止めは多く飲みたくないし…そのような人は、日ごろから自分でできるケアで改善しましょう。