夏フェス初心者必見!音楽フェスティバルに持っていくと便利なもの

夏フェス初心者必見!音楽フェスティバルに持っていくと便利なもの

夏といえば、音楽フェスティバル

ここ数年、音楽フェスの数も続々と増え続けていますよね。

出演アーティストが発表されるたびにワクワクしている方も多いのではないでしょうか?

今回は夏フェス初心者の方へ、当日持っていると便利なものをご案内したいと思います。



●夏フェスのチケット

何はともあれチケットを忘れずに!

当日、入場口でリストバンドに引き換えるイベントが多いです。

●日焼け止め、帽子

特に朝から夕方まではかなり強烈な日差しが降り注ぎます。

後から痛い目に遭わない為にも、紫外線対策は万全に!

会場によっては日陰もほとんどなく、一日中炎天下の下なんていう事も。

メイクの上から使えるUVカットパウダーも便利です。

●スポーツタオル

汗を拭くのはもちろん、日差しを遮ったり首に巻いて紫外線対策に使ったり、何かと便利なアイテムです。

アーティストによってはライブ中ぶんぶんと振り回して盛り上がる事も

●虫除け

山や海の近くで行われる事も多い夏フェス

虫刺されテンションダウンなんて事がないように備えておきましょう。



●水分

こちらも必須アイテム!

会場でも購入できますが、場合によっては売り場が長蛇の列になる事も

あらかじめ用意してこまめに水分補給しましょう。

※飲食物の持ち込みを禁止しているイベントもあるので、注意事項を確認の上でご用意下さい。

●小銭

会場内テントで買い物をして、青空の下で食事をするのも夏フェスの醍醐味。

お店側としてもお釣りがなるべく出ない方が有難いとの声はよく聞くので、小銭を少し多めに持っておくとベターです。

●雨具

特に山側の会場では天気が変わりやすいので、いざという時の為に持っていると安心です。

傘をさすスペースは取りにくいので、コンパクトに折り畳める雨合羽がおすすめです。



●両手の空くカバン・歩きやすい靴

いくつものステージをスムーズに行き来する為にも、両手が空くカバン履き慣れた靴を推奨します!

足元は土や泥で想像以上に汚れるので、簡単に洗えるものがおすすめです。

●健康な身体と楽しむ心

これは何より大切!

朝から晩まで楽しむ為に、前日はよく寝てベストコンディションで臨みましょう。

駅や駐車場から会場まで距離が離れているケースも多いので、事前にアクセス情報をチェックしておくのも重要です。

夏フェス初心者必見!音楽フェスティバルに持っていくと便利なもの【まとめ】

一日でたくさんの音楽と触れ合える夏フェス

万全な体制で目一杯楽しみましょう!



チケットぴあ