美容や健康に良いと言われる【アボカド】の栄養素と効果とは?

美容や健康にいいアボカドとは?

森のバター」と言われるほど脂肪が多く、美容にもいいと言われる「アボカド」。

美容にもよく健康にもいいので、女性の間では人気の食材になってきていますね。

実際はアボカドの何が健康に良く、美容にいいのでしょうか?

今回はアボカドについてお話ししたいと思います。

 

 1.アボカドとは?

アボカドの旬は7月~8月です。アボカドの食べごろは、皮が緑から黒に変わったころです。

アボカドは野菜と思われがちですが、実は果物の仲間なんです!

脂肪が多いのが特徴で、100gあたり187kcalとカロリーが高く、バナナ約34本分にもなります。

アボカドはカロリーが高いので、1日に食べる分量を注意しておかないと脂肪になります。食べる分量は、1日に半分から1個までにしておきましょう。

マヨネーズやドレッシングをかけて食べるのもおいしいですが、脂肪も多く摂ってしまうので組み合わせにも注意が必要です。

2.アボカドの保存方法

保存方法は、通常は冷蔵庫です。すぐ食べない場合は、野菜室に入れて保存します。

逆に、アボカドを早く成熟させたい場合は、20℃前後の室温で保存します。

23日程度で食べごろになります。(りんごや熟したバナナなどと一緒に袋に入れておくとより効果があります)

使いきれないアボカドは、ラップで包み冷蔵庫で保存します。

アボカドは空気に触れると変色してしまいます。

保存している内に表面が茶色くなってしまいますが、表面を削ると鮮やかなグリーンになるので食べるときに切り取るといいと思います。

切ってすぐのアボカドも変色してしまいますが、料理をする際にレモン汁をかけたり、ディップにしたりすると、鮮やかな色を保つことが出来ますよ!

 

2.アボカドに含まれる主な栄養素は?

ビタミンE・・・血行をよくする効果があり冷え性を改善、強力な抗酸化作用があり肌のハリを保つのでアンチエイジングに効果的

ビタミンB2・・・脂肪燃焼をサポートしたり、髪を美しく保つ

カリウム・・・ナトリウム(塩分)を排出するのでむくみの予防・解消100gあたり720㎎あり、リンゴの6倍もあります。)

食物繊維・・・便秘・肥満予防

また、アボカドの脂質には、不飽和脂肪酸の1つであるオレイン酸が含まれています。

オレイン酸悪玉コレステロールを減らす働きがあり、さらに血液をサラサラにする善玉コレステロールを増やしてくれます。

オレイン酸は酸化しにくい脂質です。酸化を防ぐビタミンEが含まれているので、動脈硬化の原因となる過酸化脂質になりにくい効果があります。

アボカドは一年に数回食べるだけでは効果に期待はできません。日頃から料理に取り入れるようにしましょう。

 アボカドについて まとめ

いかがでしたか?

アボカドにはたくさんの栄養素が含まれていて、美容や健康にとてもよく、効果があることがわかりました。

積極的に食べていきたい果物の1つです。

毎日の食事に食べ過ぎない範囲で上手に取り入れてみてください。