ホームベーカリー【HB】を使って簡単なピザ作り&トッピングの紹介

ホームベーカリー(HB)を使って簡単なピザ作り&トッピングの紹介

夏にパンといえば…

学生「うーん部活してたらお腹がすいて、ホットドック」

主婦「夏バテでもこれならは入りそう、サンドイッチ」

この他にも、カンパーニュ、フォッカッチャなどがあります。

その中でも子供~大人まで誰でも一度は食べたことがあるのではないでしょうか?

「ミックス」「シーフード」

などのピザです。

今回は、そんなピザを家で簡単にホームベーカリー一つで作れる方法を、紹介したいと思います。


●まずはピザ作りの材料から

強力粉…弾力がありタンパク質、グルテンもも沢山含まれている、強力粉はパンの基本となる粉です。

ドライイースト…酵母菌の1つであるイーストは水分吸収すると炭酸ガスを発生し膨化を起こします。

パンを膨らませる役割は当然、中華まんじゅうの皮の膨化にも使われています。

砂糖…イーストの栄養やパン生地の発行の助け、この他にもパンの色も砂糖によるものと言われています。

バター…パンに風味をあたえ、しっとりとした仕上がりの働きを持っています。

…イーストの働きの抑え、過発酵も防ぎ、雑菌の繁殖も抑える働きをしています。

クリープ…ほとんど脂肪分をが入っていない、脱脂粉乳のようなものです。湯に溶かして使ったり、珈琲などに入れます。パンに甘い香りを与えます。

●ホームベーカリー(HB)で作るピザ生地

フワッとサクッとの両方が楽しめるピザ生地

材料

強力粉   280g
バター   15g
砂糖    大さじ1
クリープ  大さじ1
塩     小さじ1
水     180ml
ドライイースト 小さじ1

作り方

1上記の材料をパンケースの中に上から順にいれていく。

2HBのドライイーストコースを選びます。

3ピザ生地コースを選びます。

4スイッチオンをして、ピーッと鳴れば出来上がり。

5ピザ生地の熱がとれたら、冷蔵庫に2時間くらい置いておく。

6出来上がり。

※本当ならスキムミルクを使いたいんですが、スキムミルクは結構高いんです。なのでスキムミルクとほとんど変わらないクリープを使いました。

スキムミルク…甘い香り、パンが固くなるのを抑える働きをします。

※ピザが出来上がってすぐに麺棒で伸ばそうとしても中々伸ばしにくいので、少し冷蔵庫に入れておいた方が伸ばしやすいです。



●ピザの生地ができればあとはお楽しみのトッピングです。

ピザの生地さえできれば、後は自分の自由です。

トッピングといえば一番多いのが、ベーコン・ピーマン・玉ねぎ、トマトのトッピングで定番のミックスピザです。

ですが、今回はミックス以外のピザのトッピングを紹介したいと思います。

・ビスマルク…名前の由来はドイツの初代宰相のビスマルクの好物からきてると言われています。具は、目玉焼き、生ハム、エリンギなどをのせます。

(キノコはシメジやマッシュルームでもOKです。)

・マリナーラ…イタリア語では「船乗り」、昔は船乗りをしていた人がよく食べていたと言われています。具はアンチョビ、オレガノ、ガーリックなどをのせます。

(ハーブ入りやスパイシーソーセージをのせても美味しいです。)

ホームベーカリー【HB】を使って簡単なピザ作り まとめ

簡単なピザ作り&トッピングの紹介、いかがでしたか?この他にも、自分の手でこねて生地を作り、家にピザ用の釜があれば、最高の手作りピザができます。

ピザのトッピングに対しては、この他にも、サルモーネオルトラーナなどがあります。

また、女子会など数十人の人が集まる場合は深いピザ生地を容器として使い、その中に大量の具やソース、チーズをのせて焼く「シカゴピザ」というのがあります。

このように家族で楽しく、友達とワイワイ、ピザを作るのも面白いと思います。