現代の子離れ「子供を産まないという選択」

現代の子離れ「子供を産まないという選択」

子離れと言っても、子供が成長したとき、親が保護者としての役割を離れ、個人として子供を尊重するという子離れ…では無く、現代で言う、子供を産まないという選択

最近よく耳にします。

最近出会った方で、結婚して3年、夫も妻も知り合った時から「子供はいらない」という、共通の思いが2人を結びつけたという。

まだ33歳、奥様も同年代。

旦那さんにあたる人のご実家は、会社を経営していて、いわゆる自他認めるボンボンらしい。

33歳で、結婚してもなお、引き落としは、お父様の口座からという家族カードを渡されていて、 羨ましくて仕方ない生活をしている。

それでも、【絶対に子供はいらない

その意思は、何年経っても変わらないと思うと仰っていた。

子供は要らないという夫婦の数だけ、理由があるのだろうけれど。


普通に暮らす私の周りだけでも、何人も、子供を産まない持たないという選択をしている人がいる。

例えば、私の親友は、親から、幼い頃虐待を受けていた…という理由。

幼少時代から、悪いことをして、怒られる時には叩かれる、蹴られるということが当たり前のように育ってきたから、自分もそういうふうに育ててしまうはずだから、私は子供を持ちたくない。という 人もいる。

そしてもう1人の知人は、親が自己破産をし、家が決して裕福ではない。

高校生になっても、お小遣いは自分でアルバイトをして、自分の欲しいものや遊び代は作っていた。

車の免許も、車も、社会人になってからも、ダブルワークをして購入して、常に、お給料日が入っても贅沢できるような環境では無い。

子供ってお金かかるじゃん

子供成人するまで人生何があるか分からない、生きてるか分からないし

それが、子供を持ちたくない理由その2。

確かに、子供を持つということは、成人するまで、責任が伴う。

なんなら、我が家の息子達は、成人しても、22歳、20歳だからか、まだ、なにかと、手がかかる。

二人とも一人暮らしをしているけれど、賃貸の部屋の保証人になっているから、家賃が振り込まれません、滞納してますーなんて連絡が来る。

私の悪い癖で、なにかと手や目をかけてしまうから、手がかかる人間に出来上がってしまったのかもしれないけど…子育ては 終わらない…と思ったりする。

だから、彼女の気持ちも分かる。

確かにお金かかるし 現実的に考えると、何があるか分からないのに、無責任に、子供は産めない…という気持ちも理解出来なくもない。



もう1人は、自称【人としてダメな人間だから】らしい。

私なんかが、子供産んだらダメだよー(笑)なんて笑ってる。

ストレスの多い現代 。

働けど働けど、将来の不安は拭いきれない、ストレスも多く精神的に病んでしまう人も多い。

彼女自身、心療内科に通っている。

自分が生きていくのに精一杯

自分がやっとこすっとこ仕事し、生きている状況で、子供を持つなんて考えられない。そう言う。確かに…

子供を持てば、何よりも子供が優先になる。

例えば、自分が熱が出ようが、親になる前のように、2日も3日も寝たきりでは過ごせない。

頭痛と熱でフラフラでも、ご飯を食べさせて、子供の身の回りの事をしなければならない。

自分の悩みがあろうが、 「おかーさんおかーさん」と、自分の悩みに悩んでいる暇さえ無い。

私の身近な所だけで、こんなにも【子を持たない】【子供を産みたくない】という人がいる。

昔のように子供は、働き手として、ぽこぽこと産んでいた時代とはもう違うのだろう。

今は、【自分中心】に生きている人が多いことと、情報が多いこと、子供を持ったらこんなにも大変だという情報がありすぎて、冷静に考えてしまう人も多くなってしまうのもあるのだろうけれど。

私も、つぎ 万が一生まれ変わったら、「子供を持たない」という人生を送ってみたい気もするけれど、親は、急に親になるものではなく、子供に【親にしてもらう】ものだと思うし、子供を持つことで、失うものも多いかもしれないけれど、得られるものも計り知れない。

今は今で幸せだけれど、時代は変わったんだなぁと思うのが、私は【孫を見たくない】と思っているところ、息子が子供を持つことはいいけれど、面倒は見たくないし、全く興味が無い… これも 孫を持つ人からしたら「時代は変わったのね」となるんだろうなぁ。