喪中の範囲がわからない・・・結婚式やパーティーには出ていいの?

喪中の範囲がわからない・・・結婚式やパーティーには出ていいの?

友達から結婚式の招待状が届いて、すぐに出席の返事を出そうと思ってペンを持ったらふと

「あれ?私 今、喪中ではなかったっけ?

なんて思ったことはありませんか?

 

喪中の時は、ハレの日というのは慎まないといけないのだったのではないか?

とか、そもそも喪中の定義がわからないという方もいると思います。

 

そこで今回は、喪中の範囲って?結婚式やパーティーなどハレの催しは出席しても大丈夫なの?ということを調べていきたいと思います。



喪中とは?

喪中とは、簡単に言うと、「故人を偲ぶ期間」ということです。

そして、喪中の時は、故人の冥福を祈り、お祝い事などを控えてつつしむ期間で、亡くなってから1年間です。

 

喪中の一年間は、慶事、祝事、祭典、祭礼などは控えるようにしてください。

ただ、現代はおつきあいと言うこともありますので、良識的な範囲で行動しましょう。

 

喪中の他にも、忌中というものもあります。

忌中とは、死者がでた家の人が忌み慎む期間で、目安では、死後四十九日で明けます。

喪中忌中はわかりづらいのですが、四十九日の法要まで忌中亡くなってから1年間喪中と解釈しましょう。

 

喪中の範囲は?

喪中の範囲や期間は、故人との繋がりによって決まります。

一般的には2親等までとされています。

 

2親等までの親族は、

0親等・・夫、妻

1親等は、父母、配偶者の父母、子供

2親等は、自分の兄弟姉妹、兄弟・姉妹の配偶者、祖父母、孫、

です。

喪中の期間についても続柄によって決まっています。

父母、夫・・1年半

祖父母(父方)、夫の父母・・150日

妻、子供、兄弟姉妹、祖父母(母方)、叔父、叔母、曽祖父母・・1か月半です。



結婚式は出席してもOK?

結論からいうと、喪中は2親等までなので、叔父さんや叔母さんが亡くなった時は、喪中にならないので結婚式の出席は可能です。

喪中は、1年間と思っている方もいると思いますが、1年間は、父母、子供だけなので、喪中でも出席可能です。

 

喪中は、結婚式に出席できないわけではないのですね。

ではなぜ、喪中の時に結婚式に出席してはいけないといわれるのでしょうか?

それは、昔、死は穢れと嫌われていたので、結婚式は良い門出を祝う式、人が亡くなって、喪中というのは、穢れで縁起が悪いということで出席するのは、控えられていました。

 

最近は、このことを気にすることなく、結婚式に出席する人も増えてきましたが、結婚式をあげるご当人には、喪中でも出席しても良いか聞いてくださいね。

中には、やはりそういうことを気にする方もいらっしゃるので、後々、気まずい思いをしないようにするためです。

 

喪中で出てはいけないイベントとは?

 一般的に喪中の時は、お祝い事に関係したイベントなどは控えた方が無難です。

でも、初詣には行きたいし、色々なパーティーも行ってみたいしと言う方に調べてみました!

 

まず初詣

初詣・参拝・お寺は、喪中でも大丈夫って知っていましたか?

お寺は法要を行いますよね?よって死は穢れという概念がありません。

一方、神社は、死は忌み嫌うもの、穢れとみなします。

 

そのため、穢れている間は、鳥居をくぐってはだめですよ。

神社では、50日を過ぎれば参拝しても良いようです。

まぁ現在の神社の神主さんの中には、あまり気にしなくても良いと言ってくださる方もいらっしゃいますが・・・

 

喪中期間中の宴会などはどうでしょうか?

これは、自分の送別会や歓迎会などは、喪中で落ち込んでいますので遠慮してもかまいません。

しかし、自分以外の人の送別会など会社の宴会は、出席した方が良いでしょう。

社会人としての人間関係にかかってきますので、マナーといっても良いでしょう。

 

まとめ

喪中の過ごし方しきたりは意外と知らないことも多く、その時になってみて慌ててしまうこともあるでしょう。

お住まいの地域によってのしきたりもあるかもしれません。

 

喪中時のしきたりなどがわからない場合は、親戚の年長者に聞いて、習わしに従うことをおすすめします。





喪中はがき



喪中はがき