大人気!!浅草で予約無しには買えない昭和17年創業の老舗パン屋「ペリカン」

浅草・田原町で昭和17年創業の老舗パン屋ぺリカン

浅草とは言えば浅草寺仲見世通りスカイツリーも観光名所に加わった日本人はもちろん外国人の行きたい場所ランキングに入る観光名所です。

そんな浅草に昭和17年創業の「ペリカンという老舗パン屋があるのはご存知ですか?

創業以来ずっと変わらない味、予約なしでは買えない人気、素朴な店構え、親しみやすいペリカンのロゴ。

今回は浅草にある「ペリカン」のパンをご紹介します。



「ペリカン」のパンは二種類のみ!!

まず驚くのが「ペリカン」のパンは食パンロールパンの二種しかないことです。

形や大きさは多小の種類がありますが、長年この2種類で勝負してここまでの人気になったのですから絶対においしいのが分かりますね。

パンの表面を見るときめがこまかくまさしくずっしりという感じなのですが、口に入れてみるとフワフワで衝撃的な食感です。

忙しい朝食時間に、パンだけ、もしくはバターを塗っただけ、でも相当の満足が得れるはずです。

予約なしには買えない人気ぶり!!

ペリカン」のパンは予約なしでは買えないと思った方がよいです。

思い立った時に買いに行き買えたとしたらかなりのミラクルです。

平日ですと当日予約でも受け取ることができ、土日は数日前からの予約が必要です。

食パンよりロールパンの方が予約を取りづらい印象です。

食パンブームの今、長時間並んだりするパン屋が多い中、予約すれば必ず買えるのは忙しい女性にはありがたいですね。



老舗パン屋ならではの素朴な店構え

近年パリのおしゃれな店構え風のパン屋があり、見た目の素敵さにワクワクすることも多いですが、「ペリカン」の店構えは赤い屋根にアルミサッシの引き扉という店構え。

おしゃれな装飾は一切なしのパン製作所という感じです。

引き戸を引き、お店に入るとすぐ目に入ってくるのはパンの陳列棚。

予約のパンが所狭しとずらっと並んでいる光景は圧巻です。

“こんなに人気なのか”と食べるのがよりいっそう楽しみになります。

「ペリカン」のロゴ

「ペリカン」のロゴは口ばし部分を主張したまさにペリカンのイラストなのですが、シンプルなのに親しみやすさがある女性が好きそうなかわいいロゴです。

「ペリカン」の紙袋を持っているとちょっと“おおっ!”と思ってしまう感じです。

近所にできた「ペリカンカフェ」にはこのロゴ入りのグッズも販売しているのでおすすめです。

まとめ

近年の食パンブームがくるずっと前から人気な浅草の老舗パン屋「ペリカン」。

元祖の味を是非皆さんに味わってもらいたいです。

少し歩けばお皿や調理道具の問屋街、かっぱ橋があります。

そこでお皿やおいしく焼ける器具等を買いに行ってみるのも楽しいですよ。