結婚適齢期とは?女性が結婚を考える年齢はいつ?

結婚適齢期とは?女性が結婚を考える年齢はいつ?

20代も後半を過ぎ30の声が聞こえてくると。

独身女性は【結婚】という言葉に敏感になってくるんじゃないでしょうか。

女性の結婚適齢期は一般的に27歳位から30歳前後かなと思いますが、今は晩婚化とも言われていますし、どのくらいで結婚するかというよりも結婚を考える年齢がいつかという問題にもなってきている気がします。

今回はそんな【結婚適齢期】について書いていきたいと思います。



【若い頃は意識しない】

結婚って10代は何か憧れみたいなものがありますが。

20代になってしばらくは仕事や勉強だったりが忙しく、恋愛をしている暇すらないという女性も今は多いと思います。

そして、はたと気づいた時には30歳近くなり、「結婚」を意識し始め慌てて相手を探す……というのもよくある話ですよね。

晩婚化が進んでいるのも草食男子なんて言葉が生まれたのも、女性の社会進出が要因だとは思いますが、結婚して子供を産むって「いつか」時がくれば自然に出来るものだと若い頃は思ってしまいます。

しかし、実は自然に出来るものではありませんよね。

だって相手がいりますし、相手の気持ちの問題も出てきます。



【気付いた時には過ぎている?】

そうやって自分のために20代前半を過ごしてきて、「結婚」という文字が頭をかすめ始めた時に相手がいる人は、これから結婚に向けて進んでいくことでしょう。

問題なのは相手がいない人です。

世の人々はお節介なのかなんなのか、30を過ぎた独身女性に辛辣な言葉を投げかけてきます。

例えばこんな……

「結婚はまだ?女盛りを過ぎちゃうよ」

「行き遅れちゃったね」

いやいや結婚適齢期って30歳前後ですもの。

まだ遅れてません。と、声を大にして言いたいところですが、そう悠長なことは言ってられないことも気付いているはずですよね。



【結婚適齢期は待ってくれない】

結婚適齢期は、そこに留まったまま動きません。

こちらが向かって行ってそこで決めてしまわなければ追い越してしまいます。

もし、結婚をしたいと考えているなら、少しでも早く相手を見つけて結婚というレールに乗り込むしかありません。

結婚適齢期は待ってはくれませんが、30代は女盛りの始まりとも言われています。

そこに標準を当てて頑張るというのも一つの手であると私は思います。



結婚適齢期とは?女性が結婚を考える年齢はいつ?まとめ

今回は結婚適齢期について書きましたが、20代で仕事も恋愛もたくさん経験をして女を磨き、これでもかと言うくらい遊び学んで、30歳を過ぎてから家庭を持つというのも、今の時代に合っているんじゃないのかなと思います。

皆さんが素敵な人と出会い、楽しい結婚生活を過ごすことが出来ますように!