子育てと共働き。働くママの負担と旦那の子育て以外のサポート。

子育てと共働き。働くママの負担と旦那の子育て以外のサポート。

今の時代、『共働き』って当たり前になってきていますよね。

結婚して、子供が出来ても女性は当たり前に産休・育休を取って働き続ける。

昔なら女性が働きに出ずに専業主婦というのが普通だったのかなと思いますが、女性の社会進出はここ近年は著しいものになっていますので『共働き』は致し方ないことかもしれません。

しかし、『子育て』しながらの『共働き』というのは、女性にとって負担が増えているということに気付いてくれる旦那は世の中にどの位いるでしょうか?

今回は、【子育てと共働き】の中でも旦那にスポットを当てて書いていきます。



【子供は女性1人では生まれない】

当然のことながら、子供は女性1人では作れません

産むのは女性ですが、父母になった以上、子育ては協力し合って行うものですよね。

しかしながら、世の男性陣は子育ては母親の仕事だと思ってる節が見受けられます。

確かに母乳をあげるのは母親だけですが、それ以外のことは全部父親でも出来ることばかりです。

でも、母親がして欲しいのは本当は子育てだけではありません。



【子育て以外のサポートが実は大事】

私達夫婦には2人子供がいます。

下の子はもうすぐ4歳になりますがまだまだ手がかかります。

我が家は共働きで、私は産後1年で職場復帰しています。

復帰後すぐは、毎日戦争でした。

朝から晩までクタクタになって、ストレスも溜まって常にイライラしていました。おのずと夫婦喧嘩も増えます。

そんな生活をしばらく続けていると体調も壊し始めます。

そして家の事も疎かになりまた夫婦喧嘩……悪循環でした。

毎日が本当に嫌で少し産後欝になりかけていたと思います。

そんな私を見かねた実母からある提案がありました。

「家事を旦那さんにしてもらったら?」

あまりに唐突の提案にびっくりしていると、

「家事と仕事と子育てを1人でするのは大変だよ。

仕事は代わってもらう事出来ないし、子育てもあなたじゃないとダメなら家事を丸投げしちゃえば?」と実母。

確かに我が家は朝の育児、家事から夜の寝かしつけまで全てを私がしていました。

旦那がするのは、自分の洋服の片付けと、タオルだったりそういう類の片付けだけです。

なぜかと言うと、分からないし出来ないだろうと私が思っていたからです。

でも、実母の提案を聞き確かにそうだな……と思い旦那に相談してみました。

すると旦那は、「教えてくれたら何でもする。分からないからしたくても出来なかったし、勝手にしたら機嫌を損ねそうで出来なかった。」と言われた時、私は独りよがりだったんだなと気付きました。

してくれない、分かってくれない、見てくれない、

旦那がしたいと思ってくれてることを全てどうせしてくれないと思い込み、1人で躍起になってイライラしていたんだな……と。



それから我が家は少しずつ変化しました。

旦那は料理は出来ませんのでそれ以外の家事全般をしてくれて、私は仕事と育児を。

2人目が産まれてからもそれは変わらず、私は仕事と家庭を両立出来ています。

子育てと共働き。働くママの負担と旦那の子育て以外のサポート。まとめ。

私が書いていることはもしかするとすごく簡単なことなのかもしれないし、当たり前にされてるご夫婦もたくさんおられるとは思いますが、相手の思いに「気付く」というのは何よりも大切だな……と子育てを通じて感じています。

 

女性が活躍出来る時代になってきて、ママとして働く人も増えてきています。

これからもキラキラ輝く毎日でいるために、無理をせず

支え合いながら頑張りましょう!