子供が虫歯に!予防法は?ダメなおやつワースト3はこれ

子供が虫歯に!予防法は?ダメなおやつワースト3はこれ

みなさんのお子さんには虫歯はありますか?しっかりと磨いているつもりでも子供の歯は、すぐに虫歯になってしまいます

私の娘も乳歯の時から虫歯になってしまい、歯医者さんに行き、フッ素を塗ってもらっていました。

大人になりました今は、虫歯はないようですが、乳歯の時に虫歯になると永久歯にも影響があるようなので気をつけたいでものです。

こちらの記事を読めば、お子さんも虫歯にならずにすむかもしれません。

では、早速行ってみましょう!



子供の虫歯の予防法は?やっぱり歯磨き!

なぜ、子供の虫歯は多いのでしょうか?

子供の歯はエナメル質が薄くて大人の永久歯より半分ほどの厚さしかありません

一旦、虫歯になるとすぐに進行してしまい、神経まで達してしまいます。

2番目に乳歯は神経の割合が大きいことがあげられます。

永久歯に生え変わる際に乳歯の根を溶かす作用をするため、一度虫歯が進行して歯が溶け出して神経に達するのが早いため痛みが出やすくなります。

3番目は、奥歯に汚れがたまりやすいということです。

子供はあごが小さいため歯ブラシが中々届きづらいだけではなく、奥歯の表面に小さな溝がたくさんあり、汚れがたまりやすい作りになっています。

小さいお子さんが自分で磨いた後は、お父さん、お母さんによる仕上げ磨きが大切です。

ここで子供の成長に合わせた正しい歯磨きの仕方を教えましょう。

乳児期~幼児期

だいたい1歳~6歳ぐらいの子供の歯の磨き方は、最初は濡れたガーゼや綿棒で拭いてあげることから始めてみましょう。

乳児期~幼児期の子供は口の中に何かを入れられるのを怖がりますのでその抵抗感をなくしてあげることが大事です。

慣れたら少しずつ歯ブラシに慣らしていきましょう。

上の前歯は、唾液がまわってきにくい場所ですのでなるべく丁寧に磨いてあげましょう。

乳歯の時は、歯と歯の間があいているいわゆるスキッ歯なので歯ブラシだけでは汚れを落としにくいので、デンタルフロスを使うと良いでしょう。

学童期

6歳ぐらいからは、6歳臼歯という歯が生えてきます。

6歳臼歯はかみ合わせを決める大切な歯で、咬合のカギと言われています。

永久歯に生え変わることはありませんのでキチンとケアすることが大切です。

6歳くらいになりましたら、しっかり歯磨きができるようにお父さん、お母さんが教えてあげることが大切になります。



子供の虫歯の大敵!ダメなおやつ、ワースト3はこれだ!

 ここでは、子供の歯に大敵なおやつのワースト3を紹介します。

一番、歯に危険なおやつは、キャラメル・ガム・キャンディー・グミです。

キャラメルは、大人でも食べていると歯の詰め物がとれてしまった経験をされた方もいるでしょう。

口の中で長時間なめ続けてしまう食べ物は子供の歯に大敵です。

二番目は、チョコレート・クッキー・ようかん・ビスケット・かりんとう・乳製品です。

全部、子供が好きなおやつですよね?

絶対に食べるなとは言えませんが歯にくっつきやすくて甘い食べ物は、出来るだけ食べさせないようにしましょう。

ヨーグルトなどの甘い乳製品も砂糖入りは気を付けてください。

三番目は、ウエハース・シリアル・コーンフレークです。

こちらは、ウエハースなどは赤ちゃん用もありますが、サクサクのお菓子類は歯にくっつき難い上に口の中にあまり滞在する時間が短いので、甘いですけど虫歯になる危険は低いです。

ちなみに歯になりにくいおやつは、おせんべい・クラッカー・海老せん・小魚・ナッツ・ポテトチップスです。

こちらは、砂糖がほとんど入っていませんのでおやつに最適ですが、カロリーが以外と高いことと、ナッツは乳幼児には食べさせるのは少し危ないので気をつけましょう。

虫歯になりにくいおやつは、砂糖が少なく、口の中に残る時間が短い食べ物です。

まとめ

ここまで子供の虫歯について述べてきましたが、お子さんに歯磨きの大切さを教えるのも親の大事な役目です。

大人になった時にキチンと磨けているかどうかで虫歯になる確率が大きく変わってきます。

歯磨き絵本などを使ってキチンと歯を磨く理由を教えておきましょう。

お父さん、お母さんに歯磨きにたいしての知識があまりないこともあります。

そんな時は、歯医者さんに歯磨き指導をしてもらうことで改善への一歩が踏み出せますよ。

歯医者さんでやってもらえるフッ素塗布も心強い味方です。

最初にも言いましたが、私の娘も歯医者さんでフッ素を塗ってもらい虫歯の進行を抑えることができました。

今は永久歯になりましたが、虫歯は1本もないそうです。

歯磨きは、毎回食後に磨くのが理想ですが、出来ない場合もあります。

そんな時は就寝前にゆっくり歯磨きするのが良いです。

それにより、寝ている間に虫歯になるのを防いでくれます。

いずれにしても、親が必死になると子供は何事もやりたがらないので

子供と向き合って楽しく歯磨きをしていきましょう。