不妊治療中の女友達との付き合い方

【不妊治療中の女友達との付き合い方】

 私は、今年36歳になります。

20代の前半に結婚し、幸い可愛い2人の子供にも恵まれています。

私の周りの友達は結婚が遅かった子が多く、30を過ぎてから初産という子も少なくありませんし、まだ妊娠をせずに不妊治療中の子もいます。

不妊治療、私も経験無いですがとっても大変だと思います。

今回は、『不妊治療中の女友達との付き合い方』について書いていきます。



【不妊治療の話、聞くか聞かないか】

結婚している女友達とランチやお茶をしたりする時には必ずと言っていいほど旦那や子供の話になりますよね。

相手にも子供がいる場合は共通の話題として話をしますが、相手が妊活中だったり、不妊治療中だとどういった流れで話を進めるべきか悩みます。

 

私のとても仲の良い友人が現在約2年間不妊治療をしています。

2ヶ月に一度位のペースで会って食事だったりをするんですが、会う前はそれなりの緊張感があります。

聞こうか、聞きまいか。

そうやって少し緊張しながら会うんですが、流れでなんとなく、子供の話になり雰囲気から今回もダメだったのかな……と悟るという感じになります。

なので敢えては聞きません。

【不妊治療を励まさない】

私はその友人を励ましません。不妊治療に関しては。

理由は色々ありますが、子供を2人産んでいる私から励まされても本人は全く励みにならないだろうなと思うからです。

何でもそうですけど、悩んでいる時って一筋の光でもいいから希望が欲しいものですよね。

私自身の妊娠は自然妊娠ですが、2回とも妊活を始めてから1年半位かかりました。

友人はそれを知っていて、そこにも希望を感じています。

だから私は毎回、「自然で1年半だからね」と話します。

友人を安心させてあげたい、それだけの為に同じ話を何度でもします。



【不妊治療には、寄り添うしか出来ない】

友人夫婦は子供が好きで私の子供達ともたくさん遊んでくれます。

友人の旦那も不妊治療には積極的で、クリニックにも足繁く通い2人で本当に頑張って治療していると思います。

結婚してからずっときっと子供が欲しくて自然になかなか出来ず、藁にもすがる思いで始めた不妊治療もなかなか成果が出ず……。今、友人はとても辛いと思います。

上には上がいるよねと、もっと長く不妊治療をしている人の体験談を読んだり子供が居ない未来を考えたり。

友人が旦那に、「離婚してもいいよ」と言った事があると聞いた時は胸が痛くて真っ昼間のレストランで泣きました。

一緒に泣くしか、寄り添うしか出来ない無力さで泣きました。

友人も泣きながら「1人になったら毎日遊んでね」なんて冗談を言ってました。

もちろん友人の旦那は離婚なんてしないと、言っているそうですが、友人はもしかしたら本気だったのかな?とも思います。それくらい追い詰められているのかもしれません。

結局、私は寄り添うしか出来ません。

 

不妊治療中の女友達と付き合うのは、やはり気は遣います。

でも、女同士だからこそ話せる部分もたくさんあります。

私は敢えて聞かない励まさないを貫いていますが、不妊治療を経験した人だったらまた違う付き合い方もあるんじゃないのかなと考えます。

私に出来ることは、友人が少しでも気を楽に保てるようにしてあげることくらいかなと思います。

 

不妊治療難しい問題ですが、世界中の子供が欲しい優しい夫婦の元に可愛い子供がたくさん生まれますように!




不妊治療

不妊治療


不妊

不妊