周りからどう見られている?謎の多いリケジョ

周りからどう見られている?謎の多いリケジョ

 学生時代に理系学部に所属していた、または高等専門学校に通っていた女性のことを理系女子と呼びます。

リケジョ」というワードで親しまれている一面も。

しかし世間では、謎が多い存在として知られているリケジョ

周囲からどのように見られているのか、リケジョの皆さんは気になるところでしょう。

それに関して、今回は記事にしてみました。



ミステリアスなリケジョ

学生時代に理系分野に特化してきたリケジョ。科学的、数学的思考が強いと思われがちです。

実際彼女らは聡明で、論理的思考が強い傾向にあります。

特に職場では黙々と仕事をこなす姿や、あまり表情を面に出さないスタイルのため、「プライベートでどんな感じか、想像出来ない」という印象を持たれがちです。

一方リケジョからしてみればそれがスタンダードなため、ごく普通の姿なのです。

このギャップが、いつか無くなる日が来れば良いのでしょうが。

恋人<研究のイメージが強い

学生時代に研究をやり込んできたリケジョ

今思えば、在学中から彼氏がいたリケジョは彼氏よりも研究優先、という子が多かったと思います。

しかしそれは彼女らからしてみれば、半分正解・半分間違いなのです。

リケジョは研究している分、成果や何かしらの結果を出さないといけません。

また研究も化学的な実験となると、昼夜問わない作業も出て来ます。

そのため、「研究の続きをしないといけない」と、彼氏を残し研究に打ち込みます。

これらの様子から垣間見えるように、リケジョは一つのことに対して真っ直ぐな姿勢で居ます。それは恋人に対しても同じです。

彼女らは実は一途で浮気もしない(する暇もない)性格の持ち主が多いのかもしれません。



こだわりが強い

「そんな細かい所にこだわるんだ」「あの人こだわりが強いから」と、周囲からこだわりが強い女性として見られがちなリケジョ

しかしこれにも、ちゃんとした理由があるのです。

理系でも特に化学的な実験を行っていたリケジョに多く見られる強いこだわり。

これは彼女達が行っていた実験操作の中に現れています。

実験を行う度に安定した結果や実験操作が求められいた彼女ら。

自分の癖(実験器具の使い方等)を実験操作の中に取り入れ、それで安定したデータが得られれば、その方法を貫きます。逆を言えば、違う方法だと違う結果が得られてしまうというリスクがあるからです。

安定を求めるが故に、「ここは絶対このやり方で行わなければならない」という、強いこだわりが生まれてしまったのです。

「そのとおりだ」と首を縦に振る彼女達の姿が目に浮かぶようです。

ここまで述べた内容は、リケジョの生態のほんの一部に他なりません。

意外と一途でまっすぐっで、聡明なリケジョ

リケジョの魅力はまだまだ解明されていないところが多く、だからこそミステリアスで思わず見とれてしまうのではないでしょうか。