女として見られてない!?サバサバ系女子でも出来るドキッとさせる方法

女として見られてない!?サバサバ系女子でも出来るドキッとさせる方法

こんにちは!makoです♪

ぶりっ子!若い頃は好きじゃなかったですが、歳をとるにつれてぶりっ子が似合う女性は得だよな〜と思うようになってきた今日この頃。

やり過ぎるぶりっ子は今でも見ているとイライラしますがさりげなく可愛らしい仕草が出来るって羨ましいですよね。

サバサバしている女性だと普段の性格とぶりっ子がかけ離れ過ぎて可愛らしく見せることが出来ない、好きな人に女として意識してもらえない、なんてこともあるんじゃないでしょうか。

今回はサバサバ系の女性でも違和感なくできるドキッとさせる方法をお伝えします♪



さりげないボディータッチ

「もうッ♡」と言いながら肩や膝を優しくタッチする。

可愛らしいモテ女性がよくやる行動ですが、中々レベルが高いですよね。

元の性格とのキャラも違うし何より恥ずかしい…

かと言って大阪のおばちゃん風にバシバシと叩いてしまうとドキッとさせることは出来ません。

そこでサバサバ女子は両者の中間で攻めます。

反応はいつも通り。

可愛らしい言葉や態度はせず、軽くタッチしていきます。

例えば一緒に食事をした時に「これめっちゃ美味しいよ!」と言いながら数回優しめに肩を叩く。

ちょっと大きなリアクションをする時やコレ見て!などアピールしたい時に試してみて下さい。



やり過ぎない上目遣い

これもモテ女子の定番ですね。

それなりに年齢が上がってくると余計に、上目遣いがさりげなく出来るって結構な技だな…と思いますよね。

でもやっぱり真正面から見つめられるよりちょっと上目遣いで見つめられた方が男性がドキッとするのは事実。

あからさまな上目遣いは出来ないという方は、2人で立った状態よりも男性の位置が高くなった時にあごを引き気味にする。これでさりげない上目遣いが出来ます。

大体は男女が横並びになったら目線は男性の方が高くなりますよね。

そこで上目遣いが出来ればいいのですがちょっと…。

なので例えば女性は椅子に座った状態で男性が立ち上がっている。

通常の身長差より更に開きが大きくなりますよね?ここが狙い目です。

あごを上げて真正面に見上げるのではなくあごはそのままで目だけ彼の方を見ましょう。

通常の身長差で上目遣いをすると違和感があるかもしれませんが、これならさりげなく上目遣いすることが出来ます。



サバサバ系だからこそのギャップ

実はサバサバしていて話しやすい!と思われている女性の方が割とちょっとした仕草や発言でドキッとさせることが出来ます。

普段あまり女性として意識していないからこそ女性だと感じる瞬間が何倍も意識させることになるのです。

照れくさい、恥ずかしい時はちょっとニヤッとした顔をチラ見せしたらいつものイメージと違ってキュンとさせるポイントにもなります。

まとめ

あまり可愛らしい反応が得意ではない、男性と男友達のように仲良くなれるが異性として意識してもらえないという方でも仕草や反応の少しの違いで意識させることが出来ます。

ぶりっ子なんて絶対出来ない!という方でもさりげなく女性らしさを見せることが出来るのでぜひ試してみて下さい♪