雇用保険とは?わかりやすく解説から申請方法、必要書類、受け取り方やその期間

雇用保険とは?わかりやすく解説から申請方法、必要書類、受け取り方やその期間

雇用保険とは、会社を辞めた時にお金を貰える保険の仕組みのこと」

ざっくりと言えばこのような説明になります。

しかしその仕組みや申請方法や受け取り方法等理解している方はごく僅かです。

雇用保険の解説から申請方法、必要書類、受け取り方やその期間などについて説明していくので、万が一に備えて理解を深めておきましょう。



そもそも雇用保険って何?

雇用保険とは、日本での雇用保険法に基づいて定められた、失業や雇用の継続等に関する保険制度のことです。

つまり、失業して収入が無くなった際の生活を維持するためや、再就職に向けての活動を手助けするものなのです。

ここで言う再就職に向けての活動とは、資格取得・職業訓練学校へ通う・面接を受けに行くことを指します。

働く方の権利を守る大切な制度なので、政府が管理している強制力のある保険制度であり、労働者を雇用している会社や団体等に原則として適用されます。

失業した労働者をいち早く次の雇用へと促すための非常に大切な保険が、この雇用保険なのです。

また、似たような言葉に失業保険があります。

雇用保険失業保険は、大きな括りでは同じ意味です。

しかし実際には失業保険という言葉は存在しません。

「失業等給付」の中の「基本手当」に該当します。

失業した際に貰える手当であると分かりやすいため、失業保険という言葉が浸透しているのかもしれません。



雇用保険の申請手続きはどこでするのか?

雇用保険(失業保険)申請の手続きはハローワークにて行うことができます。

しかし、全ての失業者が失業保険を受け取れるとは限りません。

再就職する意思と能力があること・求職活動中であること・退職した会社の社会保険の加入期間が一定以上であること、これらの条件がそろって初めて受け取る資格があるといえます。

なので、退職後にアルバイト等何がしかの仕事を始める人・怪我や病気のための退職であった人・妊娠や出産や育児ですぐに働けない人は、失業保険を受け取る資格はありません。

また、失業保険を受け取れる期間も決まっています。

受給期間は退職日の翌日から一年間です。

したがって申請の手続きに必要な書類が揃ったらできるだけ早くハローワークへ行きましょう。

手続きを行う際に期限は無いからといって、先延ばしにしないよう注意が必要です。

失業保険を受け取れる期間が短くなることがあります。

申請の手続きに必要な書類とは、離職票1と2・被保険者証・証明写真2枚(サイズ指定あり)・通帳またはキャッシュカード・マイナンバー確認書類・身分証明書です。

離職票は、以前勤めていた会社から送られてくるので、到着を待ちましょう。



失業保険を受け取るまでの流れ

では、失業保険を受け取るまでの流れを簡単に説明します。

まずハローワークの受付で離職票と雇用保険被保険者証を提出し、失業保険受給のための記入用紙に通帳に書かれていることを記載します。

初日はこれだけです。

それから1~2週間後に開催されている「雇用保険受給説明会」に参加し、受給方法や再就職に向けての就職活動について学びます。

それが終わると7日間の待機期間になり、失業者が本当に失業中であるかの審査に入ります。

この7日間の間にアルバイトや内職等の仕事は必ず控えるようにします。

審査に通らない可能性があるからです。

次に待っているのは3ヶ月の給付制限期間です。

自己都合での退職の場合は7日間の待機期間を終えた翌日から3ヶ月過ぎなければ「失業保険の支給対象者」とみなされないのです。

これらの待機期間終えたら4週間に1度ハローワークへ行きましょう。

失業の認定を受けるためです。

その際はハローワークカード・業認定申告書・雇用保険受給資格者証を持参します。

最終的に失業認定の日より5日程で指定口座に給付金が支給されます。

手続きの方法や必要な書類の説明が入り、長い文章になりましたが、申請はハローワーク1箇所でできるということです。



雇用保険とは?わかりやすく解説から申請方法、必要書類、受け取り方やその期間・まとめ

再度まとめると、雇用保険とは失業後の再雇用を促すものであり、労働者がいる会社や企業に適用されています。

雇用保険は現代では失業保険と呼ばれており、意味合いは同じです。失業保険は全ての失業者が貰えるわけではありません。

また、失業保険を受け取れる期間も退職日の翌日から一年間と決まっているため、申請に必要な書類が揃ったら可能な限り早く、ハローワークにて手続きを行いましょう。

それから1~2週間後に開催される説明会に参加し、7日間待機します。

その間に本当に失業者かどうかの審査を行ない、審査を通過するとその翌日から3ヶ月の給付制限期間があります。

この3ヶ月を経て初めて「失業保険の支給対象者」とみなされ、最終的に失業認定の日より5日程で指定口座に給付金が支給されます。

失業保険はできれば貰わずに会社生活を送りたいものですよね。

しかし、先に何が待っているか分からないのが人生です。

もしもの時に備えて、慌てることのないように失業保険への理解を深めておくことが非常に大切なのです。