女同士の友人関係で悩まない!女友達との程よい距離感とは!

女同士の友人関係で悩まない!女友達との程よい距離感とは

あなたは「友達」ってどのくらいいますか?

沢山いると言う人もいるでしょうし、12人……という人も珍しくはありません。

今の世の中、SNSの利用率も高く「普段は会わない」という「友達」が多くなるって事もあるんじゃないでしょうか。

今回は、そんな友達の中でも女同士の友人関係について書いていきます。



 【友達の定義の曖昧さ】

そもそも友達ってなんでしょうか。

勤務、学校あるいは志などを共にしていて、同等の相手として交わっている人。友人。

と、調べると出てきますが同等の相手として……。

女同士ってなんとなーく上下関係みたいなのが出来たりするよなぁというのが私が30数年、女社会を生きてきた感想です。

顔とかスタイルの違いとかから、優劣をつけてみたり

性格的に大人しい子と派手な子がくっついてみたり。

女友達の定義って難しいと思います。

【女友達って呼べるのはほんのひと握り】

私自身、友達は少ない方ではないと思いますが

「本当の友達」って意味でそう呼べるのはほんのひと握りかなと思います。

女同士って、グループで群れたり誰かと一緒じゃないと行動しないみたいなのはよく聞きますよね。

私も例に漏れず、学生時代は群れに群れまくって生活していました。

人に合わせるのは苦ではなかったですし、その方が格段楽だったからです。女子校だったのもあるかもしれませんが。

でもその群れの中で、本当に仲のいい子っていうのは23人。

今でもその群れの仲間と会って酒を飲み話をしますが、やはり建前で話してるし、深いとこまでは話さないという関係性が続いています。



【仲がいいからこそ気を遣う】

卒業して、社会に出て群れを外れてからもよく連絡を取り合う友人は数名います。近況を報告したり、報告されたり。

私の友人関係は、「悩みを相談しない」というルールの上で成り立っています。

悩みを相談してアドバイスをもらっても、きっとその通りにしない自信があるからなんですが、私自身も友人にアドバイスや意見をする事はほとんどありません。

だって彼女の人生ですからね、私がつべこべ言ってもきっと何も変わりませんし彼女の中で結果は決まっているはずです。

なので私の友人関係はとても希薄なものかもしれません。

でもそれでいいんです。

仲がいいからこそ気を遣い合う、せっかく共有している時間を嫌なものにはしたくない。楽しい時間でありたい。

友人と会う時はいつも楽しい話題や、興味を惹きそうな話題を沢山用意していくことにしています。

女同士の友人関係で悩まない!女友達との程よい距離感とは!(まとめ)

今回は女同士の友人関係について書きましたが、皆さんそれぞれの友人関係があると思います。

「共感」してくれる友達や「批判」しない友達ってのは、私は大事だなと思います。

長い人生の間で程よい距離感を保ちつつ、悲しい報告を受けて一緒に泣いてしまったり、嬉しい報告で自分の事の様に喜んだり出来る友達が、1人でもいいからいるというのは素敵な事かもしれないですね。