介護の仕事はキツイ!?訪問介護の良さとやりがい「一期一会」の大切さを学ぶ

訪問介護の仕事を始めてより一層思う「一期一会」の大切さ

私が好きな言葉は一期一会という言葉です。

これは私が訪問介護の仕事を始めるようになってから特に思うようになりました。

訪問介護の仕事を始めてもう6年になります。

世の中では介護の仕事はきつく、すぐやめるなど、 あまりいいように表現されないこともありますが、私は介護の仕事はとっても奥が深くて、そして利用者の方の生活を身近で支えられるとてもやりがいのある仕事だと思っています 。



介護のお仕事「施設介護」と「訪問介護」

介護の仕事は施設などに入られている方を支える施設介護と、実際にお家などに行き家事や買い物、入浴介助などを行う、訪問介護というお仕事があります。

訪問介護の経験から

私は福祉の資格を取るときにいろいろな場所に実習や研修などに行き、自分自身には訪問介護のお仕事の方が合うと思い、訪問介護の仕事を始めました 。

ひとりで利用者様の家に行きサービスを行うので 色々なことを自分一人で判断しなければいけないことも多く、責任が重たいなと思うこともありますが、その分とてもやりがいのある仕事でもあります。

また利用者様と一対一で信頼関係を深めることもでき、いつも利用者の方から元気を頂いています 。

そんな訪問介護の仕事を始めて6年経ちますが日々利用者様と接する中で、一人一人の方との出会いは今でもサービスが終了しても覚えていますし、施設に入られ訪問介護のサービスが終了したとしても、いつまでも元気で長生きしていただきたいとか 、本当に自分のおじいちゃんおばあちゃんのような気持ちになります。

また利用者の方からはありがとう、あんたのおかげやと感謝されますが、私こそ利用者の方から、人生の大大大先輩からたくさんの元気を いただきそしてどんな時でも前向きに元気に生きていこうというそのお姿に、私も頑張って生きていこうと思え、いつも本当に大きなエネルギーを頂いています。



訪問介護というお仕事は一人の利用者の方に何年も入る場合はあれば、施設などに入られたり息子さんや娘さんなどと同居されるため短期間でサービスが終了することもありますが、 それでもやはり一対一でお話などをするので、 自分の家族の話などプライベートなことも話すことになり、子供の話やその時々の悩みなど ついつい愚痴をこぼしてしまうこともあります。

そんな中で人生の大先輩として色々なアドバイスをいただくこともあり、本当にありがたく今でも心に残っている言葉がたくさんあります。

その言葉を支えに 私も頑張っていこうといつも思っています 。

ですので、私にとって訪問介護先での利用者様との一人一人の方との出会いは宝物であり、ありがたく、出会いは偶然ではないなと、いつも感謝の気持ちでいっぱいになります。

これからも訪問介護という仕事を 続けていきたいです。