母になって想う「母の味」

「母の味」

お母さんの作ってくれた食べ物の中で何が好きですか?

と聞かれて 私はとても迷ってしまいます。

なぜかと言うと私の母は私が20代後半の時に病気で亡くなったからです。

今もし母が生きてたらこの味が好き!って思えるものがすぐ浮かぶかもしれないけど、今は大好きな母に会いたい思いでいっぱいなので、大好きな母が作ってくれるものだったら何でも嬉しいって思えると思うからです。

でもそんな中でも母の味は何ですかと言われたらお料理やお菓子作りが大好きだった母の姿が今でも思い浮かび、 母の作ったミートローフ、そして母が作ってくれたイチゴジャムの入ったロールケーキ桜餅などかなあと浮かんできます。

 

今自分が2児の母になり 、毎日なかなか手作りというわけにはいきませんが毎日台所に立ち料理をする中で子供達にとって 私の好きな味ってあるんだろうかと、そう思ってもらえる日は 来るんだろうかと、ふと思う時があります。

家で食事を作る時は 子供達が好きなシチューや牛丼や親子丼や唐揚げなどなど 同じようなメニューを繰り返し作っています。

たまに子供と一緒に簡単なお菓子ですがチョコバナナやプリンやクッキーなど作ることもありますが、私にとって母の存在は何でもできる 完璧な人として残っているので、それと比べると 全然何もしてないなーといつも思ってしまいます。

自分が母親になり毎日台所に立ち、子供達や主人のことを考えながら今日は何を作ろうと思う生活 していると、 母も毎日ご飯作るの大変だったろうなと母の苦労が少しはわかるような気がします。

そして 母が私たち子供のために 少しでも体にいいもの食べさせてあげようと色々気を使って食べさせてくれたことを思い出します。

 

子供の頃は 母の作ってくれたご飯に、これ嫌いとかこれ美味しくないとか 文句を言ったこともありますが、今となっては母が作ってくれるものだったら何でもいい何でも美味しく食べれる!

と心から思います。

面白いものですね 。

なので今自分の子供が学校で給食は頑張って食べていますが、家ではあれが嫌いこれが嫌いと言ってもさほどあまり気にせず まあなんとか何か食べてくれてたら大丈夫だとおおらかに構えているようにしています。

なかなか うまくはいきませんがなるべくは子供たちのために、 体にいいものをたくさん作ってあげたり一緒に料理をしたりお菓子を作ったりして作る楽しみや食べる楽しみを知ってほしいなと思います。

そしていつか子供たちが大きくなった時に、 お母さんのこの料理が食べたい! と 言ってくれる日が来てくれたらいいなあと思います。

そして ずっとずっと子供たちのためにも元気でいたいなと 心から思います。